2006年02月04日

赤カブ奮闘記

配達バイクでパトロール 舞阪郵便局
やるな!郵便局!赤カブが、登下校時の幼児や児童・生徒の安全確保を目的とした防犯パトロールに乗り出したらしい。せっかくやるんやから、小学校でちゃんとこの事を教えないとね。なんかあったら「赤カブ」に助けてもらおーって。もちろん教育済みとは思いますが。本来は、こんな事せんでも地域ぐるみで自然とできてたんやろうけど、マンションが増えたり個人商店が減ってたりで地域の密着性が低くなってきたんでしょうねぇ。これこそ国ぐるみでやってみたらどうじゃろかい?ここ西陣では「こども110当番」の札がかかった家がちらほら。しかし今現在機能してるのか?これ?やっぱし京都も郵便局に頑張ってもらわねばならんね。


posted by mata36 at 16:38| Comment(2) | TrackBack(0) | Blog | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うちの局でも「こども110番」やってますねー
しかしまあ、郵便局そのものが強盗に狙われてますし、まずはそっちの対策からしてもらわんと。。。
先日ミーティングで、もし強盗に遇ったら抵抗せずにお金なりなんなり渡すものは渡せっと言われました。
どーなんすかねえ。。渡しちゃっていいんすかねえ?
Posted by はいせん at 2006年02月12日 00:34
「こども110当番」って機能してるの??
緊急サイレンぐらい常備せんとイカンね。怖いなぁ。
Posted by mata36 at 2006年02月12日 17:29
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。